本文へ移動
本庄市社会福祉協議会へ軽トラックを寄贈いたしました。
2023-07-26
オススメ
2023.7.25本庄市役所にて
90周年記念事業として、軽トラックを本庄市社会福祉協議会へ寄贈させていただきました。
この軽トラックは、地域の福祉活動において、様々な役割を果たしてくれることでしょう。高齢者や障がいを持つ方々のサポートや生活支援、物資の運搬など、地域の福祉に貢献できることを願っております。


7月分請求書の締切り日及び提出日変更についてのお知らせ
2023-07-12
カテゴリ:更新
7月分請求書の締切り日及び提出日変更についてのお知らせ
 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別の
ご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、7月分請求書の締切り日及び提出日でありますが、8月のお盆休暇により、支払日
までの事務処理、担当者確認等の日程の関係で、以下の通りとなりますので、ご協力
の程よろしくお願い申し上げます。

         《通常月分》      《7月分》
【請求書締切り日】 月末      ⇒ 7月25日(火)
【提 出 期  限】  翌月5日必着 ⇒ 7月31日(月)必着
【お 支 払い日】   28日     ⇒ 8月28日(月)

(注)8月1日以降に到着した請求書は翌月分(9月28日支払い)として
    処理しますので、予めご了承の程お願い致します。
2023年支払日予定表を更新致しました。
2023-07-12
カテゴリ:更新
令和5年度 真下建設(株) 安全衛生所信
2023-07-03
カテゴリ:トピックス,SDGsへの取組
重要
                  
 7月1日よりスタートする「令和5年度全国安全週間」は、今年で96回目を迎えました。
 昭和3年に初めて実施されて以来一度も中断することなく「人命尊重」という基本理念の下続けられています。
 今年度のスローガンは「高める意識と安全行動 築こうみんなのゼロ災職場」です。
 昨年、令和4年の全国における建設業の労働災害は、死亡者数281人で、2年連続の増加。また、休業4日以上の死傷者は14、539人。前年に比べ387人の減少となりました。
 埼玉県の建設業における労働災害については死亡災害が前年より4件減の7件と大きく減少しましたが、内訳は墜落転落災害が3件、熱中症と思われるものが2件、崩壊・倒壊が1件、はさまれ・巻き込まれが1件であります。
 休業4日以上の死傷者数は711人と前年比6.9%増となっています。また、「墜落・転落」、「崩壊・倒壊」、「建設機械」災害等の占める割合は依然として高く、これから猛暑の時期に向かい特に熱中症対策への取り組みや台風などの自然災害に対応する中での労働災害防止対策も求められています。
 そのため、当社といたしましては、令和5年度真下建設安全衛生計画書を作成し、建災防 埼玉県支部が今年度より新たに展開する「一人KY推進運動 埼玉」を積極的に推進するため、現場で働くひとり一人が危険予知活動の取り組みを実践し、労働災害防止に務めていただきますようお願い申し上げます。
 「高める意識と安全行動 築こうみんなのゼロ災職場」のスローガンのもと「墜落・転落災害の防止」「建設機械・クレーン等災害の防止」「崩壊・倒壊災害の防止」の三大災害の絶滅を始め、全ての労働災害を防止するという意気込みでまいります。皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。
 また、交通安全につきましても、当社では、毎年事故0を目指しておりますが、昨年度も加害事故が3件発生(前年対比1件減)。また、交通違反は、前年対比2件増の16件発生。3年連続の増加で、その内指定場所一時不停止等が6件と急増しています。その他、速度超過が3件(前年比5件減)。安全運転義務違反2件、携帯電話保持2件等でありました。引き続き無事故、無違反を目指して安全運転の励行をお願いします。
 最後に、本日受賞された皆様、おめでとうございます。これも偏に日頃からの協力会社の皆様と現場職員の建設的なコミュニケーションの賜物であります。我々は引き続きアフターコロナ禍の中、働き方改革も叫ばれている中、たからこそ、お互いの健康を守るため新たな生活様式、現場施工様式を積極的に模索していかなければなりません。
引き続きのご理解とご協力をお願い申し上げます。
 最後になりましたが、事業所各位の益々のご発展、皆様のご健勝をご祈念申し上げ、挨拶といたします。


令和5年7月7日
真下建設株式会社
代表取締役 真下 敏明


令和5年7月3日 安全パトロール実施
SAITAMA社会貢献プロジェクトホームページに掲載されました
2023-06-21
カテゴリ:トピックス,SDGsへの取組
オススメ
当社の社会貢献活動が埼玉県の『SAITAMA社会貢献プロジェクト』
ホームページに掲載されました。

当社の取り組みが紹介されております。
以下のリンクから是非記事をご覧ください。

大同生命保険様の広報誌『one hour』に掲載されました。
2023-05-09
カテゴリ:トピックス,SDGsへの取組
オススメ
大同生命保険株式会社様が発行する広報誌
『one hour』2023年5月号の『健康経営の実学』のコーナーに
弊社代表取締役 真下 敏明のインタビューが掲載されました。

弊社の事業が紹介されております。
以下のリンクから是非記事をご覧ください。
PDFにてご覧いただけます。
真下建設は障害者アートを応援します!【第2弾】
2023-05-01
カテゴリ:トピックス,SDGsへの取組
注目
 埼玉県では、芸術文化の力を福祉分野に活かし、障害者アートの魅力発信を通じて、県民に障害者に対する理解を深めていただき、多様であることを認め合う豊かな共生社会の実現と、心のバリアフリーの浸透を目指しています。

 真下建設では、埼玉県の取り組みに賛同し、
 障害者アートの裾野拡大の一助となるため、令和4年11月より本社の応接室に作品を展示して参りましたが、
 令和5年5月1日より、この取り組みの第2弾となる新たな2作品の展示を行っております。

〇展示中の作品・作者について
 作品名:「みちお水族館」      
  作者:小幡 海知生 氏(おばた みちお)
      
 作品名:「川越の動脈」 
  作者:福島 尚 氏(ふくしま ひさし)
 
 実際の作品をご覧になりたい方は、会社にご連絡のうえお越しください。
  会社電話:0495-22-2154

<こちらもご覧ください>
みちお水族館
川越の動脈
朝の交通安全旗振りを行いました。
2023-04-19
カテゴリ:トピックス
4月10日(月)午前7時40分より、

通学時間の交通安全として、真下建設ヤングドライバークラブ(若手社員)を中心に
交通安全の旗振りを行いました。

本社前は、小学生、中学生、高校生の通学路となっております。
快晴で朝日が心地よく、新学期を迎えた学生の通学を見守る事が出来ました。

社員一同より交通安全に努めてまいります。



フードドライブ事業に参加しました。
2023-04-17
カテゴリ:SDGsへの取組
チェック
フードドライブ事業に参加しました。
令和5年4月5日(水) 10:00 場所 はにぽんプラザ

 このたび、本庄市社会福祉協議会企画の、「フードドライブ事業」に参加しました。
この事業は、生活に困っている方々を支援するために、企業や家庭から食品を提供する福祉活動で、4月に行われる「食品配付(フードパントリー)事業」にて、経済的な状況により食料支援が必要な世帯に対して、無償で提供する活動です。
 また、当社ではSDGsの活動に取り組んでおり、SDGsの理念である「誰一人取り残さない」持続可能な福祉のまちづくりの取り組みに賛同し、一部備蓄食料品を提供させて頂きました。
 
 当社は、今後もこのような活動を継続していきます。
フードドライブ
  • (2023-04-17・328KB)
交通安全看板が新しくなりました。
2023-01-24
カテゴリ:トピックス
注目
真下建設㈱ヤングドライバークラブ作成の交通安全看板を令和4年12月28日に
設置致しました。

ドライバーの皆様、安全運転を心がけましょう。
TOPへ戻る