耐震工法

-工法紹介・説明-

既設人孔取付部耐震化工法

半剛結された管渠と人孔の接合部を耐震化する為、人孔内から

専用の機械で管渠外周部を切削し、切削部分に弾性目地材を

充填することにより屈曲性や止水性等を確保する

(管渠の呼び径 φ700mmまで)

マグマロック工法(既設管耐震対策工法)

既設管渠φ3500mmまでの耐震化(地震動レベル2)を即可能にする

接合部の事前耐震対策工法です

mini・NGL及びNGJ工法(管口の耐震化工法)

マンホールと本管の接合部(φ250~3000mm)をレベル2地震動に耐える

耐震構造に改善する工法です

Copyright(c) 2011 Mashimo Corporation All Rights Reserved.
このホームページで使用している画像等の著作物の無断での複製や転用を禁止します。