オメガライナー工法

-工法説明-

スパン更生工法(小中口径) -形成工法ー

形状記憶性能を持った長尺の硬質塩化ビニル管(Ω状断面)を既設管内に挿入後、

蒸気加熱によって円形に復元します。

オメガライナーの特長

 オメガライナー工法は、老朽化した管渠の
  1. 強度復元(自立強度もしくは耐外水圧強度)、
  2. 漏水・浸入水の止水、
  3. 掃流性・設計流量の向上、
  4. 耐食性の向上、
  5. 木の根侵入の防止等
 を更生の目的とし、その為に必要な優れた特長を数多く有しています。

 

施工手順

(1)既設管への引き込み

マンホールよりオメガライナーを既設管に引き込みます。ドラム巻の長さは50以上(呼び径により異なる)で、1スパンを無接続で引き込み可能です。


(2)蒸気加熱で円形復元 

ボイラーユニット車よりオメガライナーの内部に蒸気を送り込みます。蒸気によって加熱されたオメガライナーは形状記憶効果により円形に復元します。


(3) 圧縮空気により既設管と密着

円形復元後、低圧の圧縮空気(0.03~0.20Pa)を送り込む事で、既設管内面に密着します。低圧をかけたまま空気で冷却する事により、完全に密着して、耐久性、耐食性に優れた塩ビ管による更生管路が完成します。


(4)管口仕上げ

(5)作業終了

Copyright(c) 2011 Mashimo Corporation All Rights Reserved.
このホームページで使用している画像等の著作物の無断での複製や転用を禁止します。